×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ルイ・ヴィトンってどんなブランド?

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)はフランスのバッグ職人ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)がはじめたブランドです。現在最も有名なモノグラムを考え出したのもルイ・ヴィトンです。トランクの上から、布地を貼るというヴィトンの技法は、簡単にコピー商品が出回ることとなりましたが、コピー商品に押される事なくルイ・ヴィトンのビジネスは成功していきました。
ルイ・ヴィトンの死後も彼の息子のジョルジェ・ヴィトン(Georges Vuitton)がルイ・ヴィトン社を世界的な企業へと拡大していきました。1888年にジョルジェ・ヴィトンが、ベージュと茶褐色のチェス盤に、ルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」と呼ばれるデザインを考え出しました。しかし「ダミエ・ライン」も商品登録をされているにもかかわらず、コピー商品が出回りました。

ルイ・ヴィトンの現在

LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループは現在、クリスチャン・ディオールやフェンディなど有名ブランドを傘下にした巨大ブランド企業に成長しました。LVMH (モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)とは、1987年にルイ・ヴィトンとシャンパン製造会社のモエ・ヘネシーとの合併により誕生した企業グループです。ルイ・ヴィトンはバッグだけではなく、ファッション界にも進出し個性派天才デザイナー、マーク・ジェイコブスをアーティスティック・ディレクターとして大抜擢。これによりルイ・ヴィトンは世界のトップ・ラグジュアリー・ブランドとしての地位を不動のものにしました。またルイ・ヴィトンは日本人のデザイナー村上隆とのコラボレーションで「モノグラム・マルチカラー」も発表しました。

ルイ・ヴィトンの財布、どんなデザインがある?

ルイ・ヴィトンで一番有名なデザインが「モノグラム」。モノグラムとは文字などを組み合わせた記号の事です。ルイ・ヴィトンのモノグラムは「L」と「V」を重ねあわせた幾何学模様です。このモノグラムデザインにも「マルチカラー」「デニム」「ヴェルニ」「チャーム」「ペルフォ」などたくさんの種類が存在します。ロゴ入りが苦手な方はモノグラムと同じくらい有名な「ダミエ」の落ち着いたモチーフや「エピ」の型押しのデザインが人気です。エピとはフランス語で「麦の穂」。型押しが稲穂に似ているためこの名前が付きました。マーク・ジェイコブスが考案した「スハリ」もオススメです。
ルイ・ヴィトンの財布、一番最初に手に入れるのでしたら、やはり定番の「モノグラム」か「ダミエ」が妥当でしょうか?あくまもで参考ですよ。自分に合ったルイ・ヴィトンの財布を見つけてくださいね♪

Copyright © 2007 ルイ ヴィトンの財布を持とう!

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。